高速バスの利点について

高速バスを利用することの利点を詳しく紹介します

利点の多い高速バスを積極的に利用しよう

最も大きな利点と感じるのが低料金であること

高速バスの大きな利点は、低料金なことです。旅行に行きたいけど、お金の負担を考えるとなかなか出掛けることができない人もいます。また、遠方から上京している人も、帰省したいけど費用を考えると帰省を控えてしまう人もいるでしょう。そんな交通費が気になる人に選ばれているのが高速バスです。東京から石川県の金沢市まで行くために、北陸新幹線を利用する方法があります。新幹線は短時間で目的地まで行けるのが利点ですが、料金は約1万4000円です。しかし、高速バスの最安値料金なら2800円程度で、新幹線と比較すると大幅に安いことが分かります。この程度の費用なら、旅行や帰省での交通費負担もほとんど気にせずに利用することができることでしょう。

乗り換えが少ないのも大きな利点

高速バスの大きな利点が、ほとんどが直行便という点です。北陸新幹線が開通したことにより、東京から石川県でも乗り換えなしで行くことができるようになりました。このように、各方面の主要都市には新幹線を利用すれば、乗り換えなしで行くことが可能です。しかし、あくまでもその地域の大きな駅までしか行けず、大きな駅からは電車やバス、タクシーなどを利用して目的地にまで行くことになります。目的地が慣れた土地なら良いですが、慣れない土地での公共交通機関は利用の仕方が分かりにくいと感じることも多く、ここがストレスだと感じる人もいるでしょう。駅からタクシーを利用すれば、目的地まで行くことは可能です。しかし、地方の観光地では大きな駅から車で数時間かかるケースもあり、タクシー代が大きな負担と感じてしまいます。また、電車やバスを利用すればお金の負担は少ないですが、ルートを把握するのに時間がかかってしまいます。高速バスであれば、利用しやすい場所から乗車することができて、目的地に近い場所で下車することが可能です。

観光地まで行ってくれるケースもある

観光地といっても、場所によっては主要駅から大きく離れた場所にあるケースも多いです。そのため、主要駅までは新幹線を利用して、その後はバスや電車などを利用して観光地まで行くのが一般的です。しかし、高速バスを利用すれば、いろいろな乗り物を利用しなくても、目的地に運んでくれます。高速バスの中には、観光目的のタイプがあります。このタイプでは、観光地まで直接運ぶことが目的です。そのため、乗り換えなしで目的地まで運んでくれるので、他の公共交通機関を利用することなく行くことができます。都市部の観光であれば、公共交通機関が発達しているので移動もしやすいです。しかし、地方では大きな駅から何時間もかかる場所に観光地があるケースも多いです。そんな場所への観光も、高速バスを利用することで手軽に観光を楽しむことができるでしょう。夜間バスを活用すれば、寝ている間に目的地に行くことも可能です。

人気記事ランキング